千葉・埼玉・東京と


目をこすったら、まだ本番前だったら良いのに!

…とか言ってる私は
完全に【しあわせのタネ】ロスです。

 
【しあわせのタネ】おかげさまで
千葉・埼玉・東京と、大きな怪我、体調不良などもなく無事にすべての公演を終えることが出来ました。
ご列席(ご来場)くださいました皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!

今回の稽古場、私にとっては芝居の他に、いつにも増して『ひと』を学ぶ現場でした。

お恥ずかしいことに、研究生時代に戻ったかの如く、自分のことでいっぱいいっぱいでした。
食事もろくに喉を通らず勝手に体重は落ちていき、更には突然稽古中に声が出なくなるという初めての経験に、この状況で本番を迎えられるのか、どこを見ても何を考えても不安だらけになっていた時期もありました。
そんなこともあり、関係者のみなさんには、沢山ご迷惑をかけたことと思います。

が、深呼吸して周りを見渡すと、
あかねちゃんのいつも何かを美味しそうに食べる姿に元気をもらい、彩ちゃんのどこまでも尽力してくれる姿に感服し、孝ちゃんのパンチある変顔、前向きな姿勢に刺激をもらい、樹理ちゃんの噛み合わない会話のやり取りに笑い、けいちゃんの謙虚さに反省し、武ちゃんのとっても正直なところにニンマリし、弐吉さんの懐の深さを再確認し、児玉さんの歌に、見たことなかった俳優座全盛期時代を垣間見て、でもって剣持さんのバイタリティに敬服し、相龍さんの、人にもそして自分にも絶対的な許しを持つ姿に救われ、明美さんの分け隔てない受け入れと、過去にあった『ビックリだけど筋の通った話』に勇気をもらい、村さんの大道具さんならではの大胆な野沢菜空中切りに目を丸くしながらも愉快な気持ちになったり、増澤さん、菅野さんが仕事の枠を越え、丁寧に製作してくれた赤ちゃんに幸せを貰い、本城さんの美味しい差し入れと感想にスカスカな空腹を埋め、まいまいさんのプリンプリンな可愛さに目尻を下げ、石毛さんのタバコ片手にビールをどこまでも…なギャップにやられ、YU-TAくんの貪欲な挑戦に初心を思い出させてもらい、ヨシエさんのセンスの良いドレスに身にまとい、ことりちゃんの、馴々しく笑でもとても可愛く呼んでくれる『お姉ちゃん』の言葉に励まされました。

そして、本番中もお見事!と言わんばかりの臨機応変力を見せてくださったあいさん、セクシィさん。
穏やかにかつ迅速にサポートしてくれていた
とらさん、辻内さん。
舞台を華やかにデザインしてくださった照明さん。歌にマジックかけてくださった音響さん。
上演中までもキャストに燦々とエネルギーを注いでくれていたma-yaちゃん。
忘れてならないのは、いつも何となくそばで安心感をくれて、私を香織にしてくれた信頼のおける啓二さん。
そしてそして、いつだって親身になって作品のこと役のことについてとことん話してくださり見守ってくださった理子さん。
誰1人欠けてしまっては【しあわせのタネ 2017】成り立たなかったこと。
みなさんに本当に支えられました。
心から感謝申し上げます。

アンケートにも複数ありましたが、
八峯企画【しあわせのタネ】
今後またキャストはじめ、諸々バージョンアップを遂げていくことと思われますが
この先も各地で上演され、1人でも多くの方々にこの作品を知っていただけることを、私も心から祈っております!!

素敵な役をありがとうございました♡

小飯塚貴世江


カテゴリー: キャストリレーブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です