トップページ
公演について
ストーリー
キャスト&スタッフ
公演スケジュール
チケット情報
ブログ
フェイスブック

お問い合わせ

過去の公演
2014年公演
2015年公演
  

スーパーマーケットはもちろん八百屋さんでも、最近普通に目にする野菜たちは、皆同じ大きさ、同じ色つやなのが当たり前、それは珍しいことではなくなりました。

品種改良の進歩はめざましいものです。

素晴らしいことだと思っていたら、これらは一代限りで次に子孫を残せない、タネが採れない品種なのだと知りました。
見かけの悪い野菜は売れない、形の揃った野菜を大量に求める都会を中心とした消費者ニーズから生まれ、大変な重労働である農作業が少しでも効率よく進むよう工夫された知恵は、実は古くから続いてきた日本のタネ「在来種」が失われていく道のりでもあったのです。

本当に日本のタネがなくなってもいいのでしょうか?

こんな重要と思えることを私たちも昨年まで全く知りませんでした。
本当に知らないままでいいのでしょうか。

量産され、遠くに運ぶ流通にはのせられないけれど、今も日本各地で地道にタネ採りを続けている方たちを訪ねると、そこには「ドラマ」がありました。
タネ採りという大変な作業のなかに、受け継ぐ人のドラマ、地域・コミュニティのつながりのドラマ、それぞれの人々の熱いドラマがあるのです。
自給率の低い日本で、手頃な価格の野菜を全国の人が食べていくことはもちろん大切です。
でも、自分や家族が食べる野菜がどうやって作られているのかもちゃんと知ってほしい、知っていて選んでほしい。

タネを守る仕事をしている人たちとの出会いに心を動かされ、心温まるお芝居を通して日本全国を公演してできるだけ多くの方に知っていただきたいと思っています。

                                                                      企画・製作 八峯企画




Copyright © 2014-2017 shiawasenotane.jp